生命保険とマスコミ報道 : 一人のセールスマンの視点から

岩間一昌 著

続発する銀行・信用組合の不祥事、倒産。巨大金融機関「ザ・セイホ」に心配はないのか。マスコミ報道は果たして核心を伝えているか。契約転換や乗り換えは本当に有利か。変額保険トラブルの問題点は何か。厚生年金・企業年金これからどうなる。疑問を追う第一線セールスマンの眼が光る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高層ビルの建築設計を二級建築士に?
  • 生保各社、企業年金ゼロ配当
  • 企業年金残高五十兆円に迫る
  • 生保大手五社外務員減る
  • 配当対策で不動産売却
  • ピンチ企業年金、掛け金引き上げも
  • 生保大手決算、三期連続で減配に
  • 二つの相続税対策テレビ番組への感想
  • 生命保険利用の役員退任慰労金の準備
  • 経営体力核差広がる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命保険とマスコミ報道 : 一人のセールスマンの視点から
著作者等 岩間 一昌
書名ヨミ セイメイ ホケン ト マスコミ ホウドウ
書名別名 Seimei hoken to masukomi hodo
出版元 近代文芸社
刊行年月 1996.3
ページ数 112p
大きさ 20cm
ISBN 477335075X
NCID BN15371679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96051731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想