旧長崎街道紀行 : つれづれ歩み旅

池田隆 著

歩きと思考の織りなすロマン。旧街道をシーボルト君と旅しながら、過去・現在・未来を語る。遠賀川沿いを歩きながら、現在の自動車社会に取って替わる奇想天外な21世紀後半の交通システムを空想設計してみる等々。旧街道を徒歩旅行しながら、何気なく見る物をきっかけに、「時」を主題とした思索、空想、回想をつれづれに展開していく。ムソルグスキーの曲"展覧会の絵"のようなテンポで、歩きと感慨が繰り返されていくタッチの紀行文である。時間が有れば、誰にでも出来る"歩きながらの思考遊び"の楽しさを綴っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 長崎〜俵坂
  • 2 俵坂〜田代
  • 3 田代〜内野
  • 4 内野〜小倉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧長崎街道紀行 : つれづれ歩み旅
著作者等 池田 隆
書名ヨミ キュウ ナガサキ カイドウ キコウ
出版元 近代文芸社
刊行年月 1996.3
ページ数 131p
大きさ 20cm
ISBN 477335318X
NCID BN14498528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96051623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想