ひとり歩いた白い道 : 六十五歳からの三万キロ行脚

蓮井英乗 著 ; 蓮井敏 編

歩いて、悲しみと淋しさから救われました。歩いて、健康と幸せをとり戻しました。歩いて、人生と信仰を見つめました。妻を亡くした65才から一念発起、日本中を地下足袋で歩き通して10年-その、旅と心の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人もなき空しき家は-東海道五十三次・東下り
  • 耐える力と-中仙道六十九宿、奥の細道
  • よくぞ来しと-巡礼・遍路、そして一万キロ
  • 捨ててこそ-ふるさと紀行、島と峠、東海自然歩道
  • 旅づかれ、軽きに想う-足で描いた日本地図、二万キロ
  • 旅こそ出家、旅こそ人生-三万キロへ、あと一歩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとり歩いた白い道 : 六十五歳からの三万キロ行脚
著作者等 蓮井 敏
蓮井 英乗
書名ヨミ ヒトリ アルイタ シロイ ミチ
出版元 近代文芸社
刊行年月 1996.3
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4773353260
NCID BN15034238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96051610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想