楼蘭王国史の研究

長沢和俊 著

広大な領土と高い文明を誇りながら、記録らしい記録も残さないままいつしか滅亡した楼蘭王国。その盛衰の過程をさまざまな角度から精査し、古代楼蘭人の暮らしにまで迫る-文献と現地踏査による、三十年来の楼蘭研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 楼蘭王国探検史
  • 古代楼蘭王国の始源と展開
  • 〓@68B1@善王国史研究序説
  • いわゆる晋の西域経営について
  • 魏晋楼蘭屯戌考
  • 魏晋楼蘭屯戌の実態
  • 〓@68B1@善王国の歴史地理
  • 『水経注』巻1のインド地誌について
  • 『水経注』巻2の西域地理
  • カロシュティー文書研究序説〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楼蘭王国史の研究
著作者等 長沢 和俊
書名ヨミ ロウラン オウコクシ ノ ケンキュウ
書名別名 Roran okokushi no kenkyu
出版元 雄山閣
刊行年月 1996.2
ページ数 719, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4639013477
NCID BN14022040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96051587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想