やがて涙は海になる

カレン・リーボ 作 ; 江美れい 訳

イザベルは満たされぬ思いを胸に夜明け前の海岸を走っていた。すばらしい家があり、仕事も順調だったが、彼女はむなしかった。彼女のいちばんの望みは、子供を育てること。なのに三十歳になった今も、子供には恵まれていない。子供など望んでいなかったはずの妹も母親となった。未婚の母とはいえ、とても幸せそうだ。そのとき優しい波のざわめきにまじって赤ん坊の声が聞こえた。どうかしている。きっと猫の声に違いない。次の瞬間、イザベルは呆然として動けなくなった。それは新聞紙の上に置かれた赤ん坊だったのだ。イザベルは無我夢中で赤ん坊を抱えると、通りを走っていた車を止めた。「病院に連れていって。生まれたばかりの赤ん坊がいるの」車を運転していたクレイグは仰天した。「赤ん坊を産んだばかりでこんなところを走り回っていたのか」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やがて涙は海になる
著作者等 Leabo, Karen
江美 れい
リーボ カレン
書名ヨミ ヤガテ ナミダ ワ ウミ ニ ナル
書名別名 Yagate namida wa umi ni naru
シリーズ名 シルエット・ディザイア D647
出版元 ハーレクイン
刊行年月 1996.4
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 483352791X
全国書誌番号
96051140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想