一本釣り渡世

石橋宗吉 述 ; 加藤雅毅 著

櫓と帆の和船時代、少年は漁師になった。さまざまな漁具・漁法を編み出して一本釣りの神様と呼ばれ、87歳で陸へ上がった。石橋宗吉95歳、今日も明日の海を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漁師・弥惣兵衛代々
  • 第2章 和船の海
  • 第3章 突きん棒漁
  • 第4章 スパンカーの考案
  • 第5章 雑賀崎から来た旅船
  • 第6章 山立ての話
  • 第7章 潮を読む
  • 第8章 漁あれこれ
  • 第9章 サバの胎から生まれた男
  • 第10章 松友会
  • 終章 遺言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一本釣り渡世
著作者等 加藤 雅毅
石橋 宗吉
書名ヨミ イッポンズリ トセイ
書名別名 Ipponzuri tosei
シリーズ名 海と魚の本
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.2
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 4480813969
NCID BN14516845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96050700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想