中国人強制連行

戦争犠牲者を心に刻む南京集会 編

第二の満州といわれた華北地方では、十年にわたる植民地支配がなされ、露骨な侵略と、頑強な抗日闘争を抑えつける虐殺が繰り返された。さらに多くの人を捕らえ拷問し、労働力として満州や日本国内に移入し過酷な条件のもので働かせた。教科書などには載せられなかった数々の事実の全容に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 華北で日本人は何をしたか
  • 第2部 大阪築港へ連行された人々
  • 第3部 繰り返された抗日の闘いと虐殺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国人強制連行
著作者等 「アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会」実行委員会
戦争犠牲者を心に刻む会
戦争犠牲者を心に刻む南京集会
書名ヨミ チュウゴクジン キョウセイ レンコウ
出版元 東方
刊行年月 1995.10
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 4885914515
NCID BN13438564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96050310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想