日本人の叡知 : 未来を切り開く先人たちの訓

藤堂瞭三郎, 歴史人物研究会 著

[目次]

  • 第1章 国を守るために心しておきたい言葉(佐久間象山-「時も非常、事も非常、人も非常にて候」(いざという時の気概と大局観)
  • 山鹿素行「本朝はるかに勝れり。誠にまさしく中ッ国というべき所、分明なり」(国防意識と外交力) ほか)
  • 第2章 忘れていた生き方を甦らせる言葉(山崎闇斎「ならぬことはならぬものです」(恥を知る心)
  • 二宮尊徳「足ることを知る」(分度杯の教え) ほか)
  • 第3章 状況を切り開く勇気の言葉(上杉鷹山「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」(トップの率先垂範)
  • 中江藤樹「人に生まれつき持てる能力(長所)あり。それを日常で実践してこそ生きる意義あり」("論より証拠"の生き方) ほか)
  • 第4章 息子に伝えたい「人の道」を知る言葉(緒方洪庵「医の世に生活するは人の為のみ。己が為にあらず」(利他の心)
  • 荻生徂徠「人間、品格を守って生きるすべは自省にあり。反省の心で自らを律せよ」(自省の心) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の叡知 : 未来を切り開く先人たちの訓
著作者等 歴史人物研究会 (2011年)
藤堂 瞭三郎
書名ヨミ ニホンジン ノ エイチ : ミライ オ キリヒラク センジンタチ ノ オシエ
書名別名 Nihonjin no eichi
出版元 青萠堂
刊行年月 2013.2
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-921192-82-2
全国書誌番号
22208551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想