ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  2

大森藤ノ 著

「初めまして、白髪のお兄さん」ベルに声をかけてきたのは、自ら"サポーター"を名乗る少女・リリだった。半ば強引にペアを組むことになった少女を不審に思いながらも、順調にダンジョンを攻略していく二人。束の間の仲間。一方で、リリが所属する「ソーマ・ファミリア」には悪い噂が絶えない。その先には、人の心までも奪うとされる"神酒"の存在が-?「神様、僕は…」「大丈夫、ベル君の異性を見る目は確かなのさ。神のように、きっとね」これは、少年が歩み、女神が記す、-「眷族の物語」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
著作者等 大森 藤ノ
書名ヨミ ダンジョン ニ デアイ オ モトメル ノワ マチガッテ イルダロウカ
書名別名 Danjon ni deai o motomeru nowa machigatte irudaroka
シリーズ名 GA文庫 お-08-02
巻冊次 2
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2013.2
ページ数 359p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7973-7307-3
NCID BB15640958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22202042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想