応用微細藻類学 : 食料からエネルギーまで

倉橋みどり, 小柳津広志 編著

[目次]

  • 第1章 微細藻類とは何か(概要
  • 研究開発のあゆみ
  • 進化と分類
  • 微細藻類の生態・繁殖・分布)
  • 第2章 なぜ微細藻類なのか(生物学的視点から
  • 地球環境の変動とエネルギー政策
  • 国益)
  • 第3章 微細藻類の応用(食品・ヘルスフード・サプリメント
  • 飼料
  • 液体燃料
  • 医薬品
  • レアメタルのバイオ濃縮回収技術の可能性)
  • 第4章 産業化に向けて(利用の方向性
  • スクリーニング(多段利用可能な微細藻類の抽出)
  • 培養と管理
  • 具体的事例
  • バイオ液体燃料生産技術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 応用微細藻類学 : 食料からエネルギーまで
著作者等 倉橋 みどり
小柳津 広志
書名ヨミ オウヨウ ビサイ ソウルイガク : ショクリョウ カラ エネルギー マデ
書名別名 Oyo bisai soruigaku
出版元 成山堂書店
刊行年月 2013.2
ページ数 190p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-425-88061-4
NCID BB11915373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22210539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想