商品化する日本の農村空間

田林明 編著

[目次]

  • 第1部 農村空間の商品化の諸類型と地域差(農水産物の供給
  • レクリエーション・観光-ルーラル・ツーリズムの展開
  • 都市住民の農村居住 ほか)
  • 第2部 商品化する日本の農村空間の諸相(北海道羅臼町・標津町における漁村空間の商品化とその地域性
  • 阿武隈高地における農商工連携による地域活性化
  • 横浜市青葉区寺家地区におけるルーラリティの商品化 ほか)
  • 第3部 農村空間の商品化の意義と背景(都市農村関係からみた農村空間の商品化の意義
  • 農村空間の商品化における内発性
  • 農村空間の商品化の社会経済的背景 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 商品化する日本の農村空間
著作者等 田林 明
書名ヨミ ショウヒンカ スル ニホン ノ ノウソン クウカン
出版元 農林統計
刊行年月 2013.2
ページ数 397p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89732-267-4
NCID BB11762192
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22206545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
レクリエーション・観光 呉羽正昭
京都府旧美山町芦生地区における山村空間の商品化 西野寿章
兵庫県佐用町南光地区の景観形成作物によるルーラリティの創造 高柳長直
北海道羅臼町・標津町における漁村空間の商品化とその地域性 篠原秀一
半農半漁村における農村空間の商品化 張貴民
商品化する日本の農村空間 田林 明
商品化する日本の農村空間の特徴 田林 明
島根県江津市における空き家の利活用による中山間地域の維持・再生 作野広和
景観・環境の維持と社会・文化の評価 藤永豪
横浜市青葉区寺家地区におけるルーラリティの商品化 菊地俊夫
沖縄の読谷山花織による地域振興 井口梓
砺波平野におけるプルリアクティヴィティの展開と土地利用変化 山本充
茨城県笠間市クラインガルテンにみるルーラリティの商品化 小原規宏
農村空間の商品化からみた日本の地域差 田林 明
農村空間の商品化における内発性 西野寿章
農村空間の商品化の文化的背景 松井圭介
農村空間の商品化の社会経済的背景 篠原秀一
農水産物の供給 仁平尊明
都市住民の農村居住 井口梓
都市農村関係からみた農村空間の商品化の意義 山本充
長崎における文化遺産観光と農村空間の商品化 松井圭介
長野盆地における果樹によるアグリ・ツーリズムの変容 呉羽正昭, 林琢也
阿武隈高地における農商工連携による地域活性化 宮地忠幸
静岡市の石垣イチゴ地域にみる農村空間の商品化 井口梓, 田林 明
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想