弥生時代政治社会構造論 : 柳田康雄古稀記念論文集

柳田康雄 編著

弥生文化はどのようにはじまり、展開していったのか。中国・朝鮮半島との交流、列島内の併行関係、戦争・祭祀、社会組織と階層形成、政治社会構造を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中国・朝鮮半島・倭の交流(漢王朝と倭
  • 燕国と遼寧・韓半島の初期鉄製農具 ほか)
  • 第2章 地域間交流と併行関係(弥生時代のはじまりと伝播
  • 西日本における弥生土器諸様式の併行関係 ほか)
  • 第3章 戦争と祭祀(弥生時代の武器と戦い
  • 武具-弥生時代木製短甲・組み合わせ木甲について ほか)
  • 第4章 社会組織と階層形成(北部九州における棺密封葬法の成立と展開
  • 表徴としての墳丘墓-弥生時代の首長墓を考える ほか)
  • 第5章 弥生時代の政治社会構造(土器の文様と絵画・記号からみた弥生社会(予察)
  • 南関東地方における弥生時代後期の超大型集落遺跡について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生時代政治社会構造論 : 柳田康雄古稀記念論文集
著作者等 柳田 康雄
書名ヨミ ヤヨイ ジダイ セイジ シャカイ コウゾウロン : ヤナギダ ヤスオ コキ キネン ロンブンシュウ
書名別名 Yayoi jidai seiji shakai kozoron
出版元 雄山閣
刊行年月 2013.2
ページ数 327p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02258-9
NCID BB11688238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22206817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想