クォークはチャーミング : ノーベル賞学者グラショウ自伝

シェルダン・L.グラショウ 著 ; 藤井昭彦 訳

自然界には重力・強い力・弱い力・電磁力の四つの力がある。本書は、クォーク探究と、この力の統一理論に大きな功績をあげたグラショウ教授の魅力たっぷりの自伝である。イタズラ好きの子供時代から学界の頂点に登りつめるまでをあからさまに語るとともに、現代素粒子論の不思議な世界へといざなう。物質の究極の謎を解明しようとあくなき追求をしてきた一人の人間の足跡が、その内面から生き生きと語られる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ボブルイスクより愛をこめて
  • ペイソン街の楽園
  • カユガ湖の水辺高く
  • 真理
  • 弱い力の神秘
  • かくも素晴らしきコペンハーゲン
  • 若ものよ、西へ行け!
  • もうひとつのカリフォルニア
  • 流浪を終えて
  • 十一月革命前夜
  • 標準理論
  • ノーベル賞受賞
  • 標準理論を超えて〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クォークはチャーミング : ノーベル賞学者グラショウ自伝
著作者等 Glashow, Sheldon L
藤井 昭彦
グラショウ シェルダン・L.
書名ヨミ クォーク ワ チャーミング
書名別名 Interactions

Kuoku wa chamingu
シリーズ名 科学選書 19
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1996.2
ページ数 491p
大きさ 20cm
ISBN 4314007257
NCID BN13969174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96049003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想