フランクルとの〈対話〉 = Dialog mit Frankl : 苦境を生きる哲学

山田邦男 著

『夜と霧』との出会いから50年。半生をかけた書物との対話から見えてきたフランクル思想の深さと優しさ。フランクル理解の第一人者が「対話形式」でつづる新しい入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フランクルと現代(東日本大震災とフランクル
  • グローバリゼーションと「実存的空虚感」
  • "裸の実存"の時代へ)
  • 第2章 フランクルとの出会い(フランクル訪問
  • フランクル思想との出会い
  • フランクル思想への疑問)
  • 第3章 フランクルの人生へのまなざし(「コペルニクス的転回」とは
  • フランクルの場合
  • 人生・存在・いのち
  • 意味への意志
  • 人生の意味
  • 人生の三つの価値)
  • 第4章 フランクルの人間へのまなざし(もとに在ること-バイザインとは
  • 「いのち」中心への転回
  • 深みにおける精神的なもの
  • 精神的無意識とは
  • "自然"ということ
  • それでも人生にイエスという)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランクルとの〈対話〉 = Dialog mit Frankl : 苦境を生きる哲学
著作者等 山田 邦男
書名ヨミ フランクル トノ タイワ : クキョウ オ イキル テツガク
書名別名 Dialog mit Frankl

Furankuru tono taiwa
出版元 春秋社
刊行年月 2013.1
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-36523-6
NCID BB11636438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22202647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想