反・仏教学 : 仏教vs.倫理

末木文美士 著

人間は本来的に、公共の秩序に収まらない何かを抱えて生きる存在である。常識として通用してきた倫理道徳では対応できない問題が起きたとき、そこに見えてくるのは何なのか。"人間"の領域、つまり倫理的な世界をはみ出したところで出会う「他者」、さらにはその極限にある「死者」との関わりを、著者は、古典的な仏教学ではない"現代に生きる仏教"の視座から、根源的に問い直そうとする。倫理を超える新たな地平を示すと同時に、日本仏教の思想的成果を丹念に抽出し、それを広範な哲学・思想史の中に位置づけ、鍛え直した著書。初版刊行後の理論的展開を書き下ろしで加えた、待望の文庫版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倫理ぎらい
  • 1 仏教を疑う(仏教も倫理も疑わしい
  • 仏教の倫理性欠如
  • 原始仏教の倫理性
  • 菩薩の他者論
  • 倫理から超・倫理へ
  • "空"の原理の曖昧さ
  • 誰でも仏になれるのか?
  • 社会参加仏教は可能か?
  • 葬式仏教は悪いか?)
  • 2 "人間"から他者へ(倫理の根拠としての"人間"
  • "人間"を逸脱する
  • 他者の発見と宗教
  • 宗教は倫理を乗り超える
  • 宗教はしばしば倫理と妥協する
  • つきまとう他者
  • 他者という迷路-"恨"と"魔"
  • "愛"もまた逸脱する
  • 他者との一体化とナショナリズム
  • 神仏関係をとらえなおす
  • 自然は取り戻せるか?)
  • 3 他者から死者へ(他者の極限としての死者
  • 死者と関わる
  • 死者が生者を支えている
  • 戦争の死者たちは眠れない
  • 死者なき倫理の限界
  • ヒロシマ・ヤスクニを問いなおす
  • 死者儀礼を見直す
  • 死者から宗教を再構築する
  • 死んでどこへ行くのか?
  • 日常からの再出発)
  • 文庫版増補「他者・死者論の地平」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反・仏教学 : 仏教vs.倫理
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ ハン ブッキョウガク : ブッキョウ タイ リンリ
書名別名 Han bukkyogaku
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ス11-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.2
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09511-4
NCID BB11626252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22220264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想