プラハ獄中記

ヴァーツラフ・ハヴェル 著 ; 飯島周 訳

劇作家V・ハヴェルが、幽囚の遍歴の旅から妻へ宛てて書きつづけた特異な記録文学。現チェコ共和国大統領ハヴェルは、かつて社会主義政権下で反体制運動家として逮捕され、四年余の囚人生活を余儀なくされた。執筆行為を禁じられた獄中で、不条理と闘いながら、愛妻オルガへの手紙に自己表現の機会を得た作家が赤裸につづる、人生論、芸術論、哲学論も兼ねた話題の書簡集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 不条理の中の日常-第1〜17の手紙
  • 第2部 人間の主体性の危機-第18〜86の手紙
  • 第3部 ぼくの演劇遍歴-第87〜128の手紙
  • 第4部 哲学的随想-第129〜145の手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラハ獄中記
著作者等 Havel, Václav
飯島 周
Havel V'aclav
ハヴェル ヴァーツラフ
書名ヨミ プラハ ゴクチュウキ
書名別名 Dopisy Olze

妻オルガへの手紙

Puraha gokuchuki
出版元 恒文社
刊行年月 1995.8
ページ数 623, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4770408382
NCID BN13081168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96048426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チェコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想