一を以って貫く : 人間小沢一郎

大下英治 著

五十五年体制の崩壊、進まぬ政界再編、戦後五十年を過ぎた今、混乱を極める日本の政治。そんな中でついに党首という表舞台に立った小沢一郎。彼は何を考え、この国をどうしようというのか。いまや彼を抜きにはこの国の政治は語れない乱世の男・小沢一郎を生みだした背景、その人間性に鋭く迫る話題の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自民党一党支配の終焉
  • 細川政権の誕生
  • 一郎という名前
  • 三偉人の町・水沢
  • 東京へ転校
  • 安保の嵐
  • 弁護士への道に邁進
  • 父・佐重喜の急逝
  • 政治家か弁護士か
  • 総選挙へ出馬表明〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一を以って貫く : 人間小沢一郎
著作者等 大下 英治
書名ヨミ イチ オ モッテ ツラヌク
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.3
ページ数 560p
大きさ 15cm
ISBN 4062632543
NCID BA49523608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96048288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想