強い力と弱い力 : ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く

大栗博司 著

宇宙には「四つの力」が働いている。私たちを地球につなぎとめる「重力」と電気や磁石の力である「電磁気力」は古くから知られていた。二十世紀に入り「強い力」と「弱い力」が発見され、この新しい力を説明するために考え出されたのがヒッグス粒子だ。その発見により、人類が叡智を傾けて築き上げてきた理論の、最後のピースが埋まった。それは、ヒッグス粒子の魔法によって覆い隠された、自然界の美しい法則を明らかにする営みでもあった。やさしくロマンあふれる語り口で宇宙創成の謎に迫る、知的冒険の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 質量はどこから生まれるか
  • 第2章 「力」とは何を変える働きなのか
  • 第3章 距離が長くなるほど強くなる-強い力の奇妙な性質
  • 第4章 神様は左利きだった-弱い力のひねくれた性質
  • 第5章 単純な法則と複雑な現実-魔法使い・南部の「対称性の自発的破れ」
  • 第6章 ヒッグス粒子の魔法が解けた!
  • 第7章 標準模型を完成させたCERNの力
  • 終章 まだほんの五パーセント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強い力と弱い力 : ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く
著作者等 大栗 博司
書名ヨミ ツヨイ チカラ ト ヨワイ チカラ : ヒッグス リュウシ ガ ウチュウ ニ カケタ マホウ オ トク
書名別名 Tsuyoi chikara to yowai chikara
シリーズ名 幻冬舎新書 お-13-2
出版元 幻冬舎
刊行年月 2013.1
ページ数 298p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98293-2
NCID BB11579990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22337717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想