何のために生まれてきたの? : 希望のありか

やなせたかし 著

絶望の隣にはきっと希望がある。史上最弱のヒーロー大人気の「アンパンマン」童謡「手のひらを太陽に」の生みの親が作品誕生の経緯と戦争体験や下積み時代を乗り越えくじけずやってきた元気の理由を語る。各界一流のプロの半生をインタビューで解き明かす人物ドキュメント、NHKBSプレミアムで放送中の「100年インビュー」。番組で語られた珠玉の言葉の単行本化、第10弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 前向きに考えよう
  • 2 おしゃれは気力です
  • 3 父に寄せる想い
  • 4 アンパンマンが生まれた背景
  • 5 正義を行う覚悟
  • 6 生きているからかなしい
  • 7 人生は「運・鈍・根」
  • 8 "やなせメルヘン"を貫く
  • 9 復興への思い
  • 10 九十三歳が見つめる希望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 何のために生まれてきたの? : 希望のありか
著作者等 やなせ たかし
書名ヨミ ナンノ タメ ニ ウマレテ キタノ : キボウ ノ アリカ
書名別名 Nanno tame ni umarete kitano
シリーズ名 100年インタビュー
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.2
ページ数 118p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-569-78300-0
NCID BB11995849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22208987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想