13歳の娘に語るガウスの黄金定理

金重明 著

思春期の娘に高等数学を-数学を愛する父の無謀な挑戦。数学よりゲームがしたい娘の反撃にたじろぎながらも、算数レベルから合同式、二次形式論そしてガウス整数の世界へ。フェルマー、オイラーら、きら星のごとき数学者たちの足跡もたどりつつ、「黄金定理」こと平方剰余の相互法則の真髄に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 数学王
  • 第1章 ユークリッド・ディオファントス・ブラハマグプタ(割り算だからといって馬鹿にしてはいけない
  • 金のかけら ほか)
  • 第2章 フェルマー(違うけど同じなのだ
  • 3×5が1になっても ほか)
  • 第3章 オイラー(戦乱の中で
  • 互いに素である数はいくつ? ほか)
  • 第4章 ガウス(へんな計算
  • ややこしいけど… ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 13歳の娘に語るガウスの黄金定理
著作者等 金 重明
書名ヨミ ジュウサンサイ ノ ムスメ ニ カタル ガウス ノ オウゴン テイリ
書名別名 Jusansai no musume ni kataru gausu no ogon teiri
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.1
ページ数 257p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-005216-0
NCID BB1158099X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22211489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想