コリンズとラインの微生物学実験法

C.H.コリンズ, パトリシア M.ライン, J.M.グランジ, J.O.ファルキンハムⅢ 編著 ; 本庄重男, 新井秀雄, 長島功 訳

1964年初版の『コリンズとラインの微生物学実験法』は、不朽の名著として版を重ねており、本書第8版は、その完全決定版の全訳である。医学、公衆衛生および食品衛生の重要な細菌と菌類の分離、同定および検査について、従来の伝統的な微生物学技術だけでなく、最近の技術革新と自動化法への明解な手引きを提供し、病原性微生物の安全な取扱いについても論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 微生物学実験における安全性
  • 品質保証
  • 実験室設備
  • 感染材料の滅菌、消毒、除染
  • 培地
  • 培養法
  • 同定法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コリンズとラインの微生物学実験法
著作者等 Collins, C. H.
Collins, Christopher Herbert
Grange, John M
Lyne, Patricia M
新井 秀雄
本庄 重男
長島 功
Collins C.H.
Falkinham 3 J.O.
Falkinham III J.O.
Grange J.M.
Lyne P.M.
グランジ J.M.
ファルキンハム 3 J.O.
ライン P.M.
コリンズ C.H.
書名ヨミ コリンズ ト ライン ノ ビセイブツガク ジッケンホウ
書名別名 Collins & Lyne's Microbiological Methods
出版元 緑風
刊行年月 2013.2
版表示 第8版
ページ数 818p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8461-1302-5
NCID BB11576879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22201612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想