花失せては面白からず : 山田教授の生き方・考え方

城山三郎 著

人間を透徹した眼で捉える著者が、敬愛してやまぬ経済学者。静かでエキサイティング、会うたびに新鮮なその人柄を描き、考え方を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生涯を決めたひと
  • 第2章 静謐のひとに激動の世
  • 第3章 二人ゼミナール(アームチェア・エコノミストの二種
  • 資本主義と社会主義
  • 合意を求めて)
  • 第4章 引退後も「おや」の連続
  • 第5章 花失せては面白からず

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花失せては面白からず : 山田教授の生き方・考え方
著作者等 城山 三郎
書名ヨミ ハナ ウセテワ オモシロカラズ
書名別名 Hana usetewa omoshirokarazu
出版元 角川書店
刊行年月 1996.2
ページ数 213p
大きさ 20cm
ISBN 4048729403
NCID BN1412233X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96047134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想