言語哲学重要論文集

松阪陽一 編訳 ; G・フレーゲ, B・ラッセル, W・V・O・クワイン, K・S・ドネラン, D・カプラン, S・A・クリプキ, G・エヴァンズ 著

フレーゲとともにパラダイムシフトした言語哲学は、論理学をモデルに言語一般を考察する基本姿勢のもと、さまざまな批判を吸収しつつ豊かな成果を生み出してきた。その誕生と発展を、いずれも巨大な反響を呼んだ古典的論文によってたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語哲学の誕生(意義と意味について(ゴットロープ・フレーゲ)
  • 表示について(バートランド・ラッセル))
  • 第2部 指示をめぐる謎(指示と確定記述(キース・S.ドネラン)
  • Dthat(デイヴィド・カプラン)
  • 名前の因果説(ガレス・エヴァンズ))
  • 第3部 可能世界と命題的態度(偶然的でアプリオリな真理と固定指示子(キース・S.ドネラン)
  • 量化子と命題的態度(W.V.O・クワイン)
  • 信念のパズル(ソール・A.クリプキ))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語哲学重要論文集
著作者等 Donnellan, Keith
Evans, Gareth
Frege, Gottlob
Kaplan, David
Kripke, Saul A.
Quine, W. V.
Quine, Willard Van Orman
Russell, Bertrand
丹治 信春
佐藤 康之
信原 幸弘
四津 雅英
松阪 陽一
池田 さつき
荒磯 敏文
野本 和幸
書名ヨミ ゲンゴ テツガク ジュウヨウ ロンブンシュウ
書名別名 Gengo tetsugaku juyo ronbunshu
シリーズ名 Anthology
現代哲学への招待 / 丹治信春 監修
出版元 春秋社
刊行年月 2013.1
ページ数 398,11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-32310-6
NCID BB11476626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22203565
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Dthat デイヴィド・カプラン, 野本 和幸
信念のパズル ソール・A・クリプキ, 信原 幸弘
偶然的でアプリオリな真理と固定指示子 キース・S・ドネラン, 四津雅英
名前の因果説 ガレス・エヴァンズ, 池田 さつき, 佐藤 康之, 松阪 陽一
意義と意味について ゴットロープ・フレーゲ, 野本 和幸
指示と確定記述 キース・S・ドネラン, 荒磯敏文
表示について バートランド・ラッセル, 松阪 陽一
量化子と命題的態度 W・V・O・クワイン, 丹治 信春
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想