安丸良夫集  1 (民衆思想史の立場)

安丸良夫 著 ; 島薗進, 成田龍一, 岩崎稔, 若尾政希 編集

「通俗道徳」論をはじめ、著者の歴史研究の基軸をなす「民衆思想史」に関する代表的な論考を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 民衆思想史の構想(日本の近代化と民衆思想
  • 民衆道徳とイデオロギー編成)
  • 2 近世後期の思想状況(近代社会への志向とその特質)
  • 3 民衆思想の可能性(『日本の近代化と民衆思想』あとがき
  • 「民衆思想史」の立場
  • 生活思想における「自然」と「自由」
  • 二宮尊徳思想研究の課題
  • 歴史研究と現代日本との対話-「働きすぎ」社会を手がかりに
  • 「近代家族」をどう捉えるか)
  • 4 「通俗道徳」論-背景と展望(「通俗道徳」のゆくえ
  • 礪波人の心性
  • 民衆的規範の行方
  • 伝統型「ゼミナール」?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安丸良夫集
著作者等 安丸 良夫
岩崎 稔
島薗 進
成田 竜一
若尾 政希
成田 龍一
書名ヨミ ヤスマル ヨシオ シュウ
書名別名 Yasumaru yoshio shu
巻冊次 1 (民衆思想史の立場)
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.1
ページ数 394p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028581-0
NCID BB11440006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22212078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想