千姫 : 物語と史蹟をたずねて

松本幸子 著

江戸幕府二代将軍徳川秀忠の娘、幼少の身で豊臣秀頼と政略結婚、大坂落城の際に城を出、翌年本多忠刻に再嫁、その忠刻・愛児とも死別し、30歳で落飾…と、その前半生は波乱に富んでいる。しかし天樹院と号し、江戸竹橋に住んでからの後半生は、これが同一人物かと疑わせるように平穏である。本書は、千姫70年の波乱の生涯を復元し、実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大姫誕生
  • 江戸城にて
  • 大坂へ
  • 秀頼
  • 拒絶
  • 疱瘡
  • 幼い姫
  • 妻になる日
  • 密命
  • 難題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 千姫 : 物語と史蹟をたずねて
著作者等 松本 幸子
書名ヨミ センヒメ
書名別名 Senhime
シリーズ名 成美文庫
出版元 成美堂
刊行年月 1996.4
ページ数 340p
大きさ 16cm
ISBN 4415064396
全国書誌番号
96046351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想