植民地幻想 : イギリス文学と非ヨーロッパ

正木恒夫 著

『ビルマの竪琴』、ボカホンタスから『テンペスト』『闇の奥』、シャーロック・ホームズまで。「食人」を鍵語に「近代世界システム」が創出した他者像を追跡する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『ビルマの竪琴』と食人種
  • ポカホンタスと食人種
  • スー族、そしてコロンブス
  • 『テンペスト』の謎
  • 植民地幻想
  • ロビンソン・パラドックス
  • クックと南海の「楽園」
  • 楽園と蛮人のゆくえ
  • 黒いヒーローの条件と限界
  • 新井白石、デフォー、ホーガース、ブレイク〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地幻想 : イギリス文学と非ヨーロッパ
著作者等 正木 恒夫
書名ヨミ ショクミンチ ゲンソウ
出版元 みすず書房
刊行年月 1995.7
ページ数 256p
大きさ 20cm
ISBN 4622045915
NCID BN12922095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96045830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想