阿仏尼 : 行動する女性

長崎健, 浜中修 著

運命のままに流されて行った王朝の女性達とは異なり、自分で運命を切り開いて行こうと行動する鎌倉中期の作家・歌人でもある阿仏尼は、理性と激情とを持ち、文学的才能も豊かで『うたたね』『十六夜日記』などのすぐれた作品を遺した。その波乱に満ちた生涯を鮮烈に描き、人物像を浮き上がらせた労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 阿仏尼という人物
  • 第2章 歌人阿仏尼
  • 第2章 『うたたね』の構想
  • 第4章 『うたたね』という作品
  • 第5章 『十六夜日記』の旅
  • 第6章 『十六夜日記』とは
  • 第7章 その後の冷泉家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿仏尼 : 行動する女性
著作者等 浜中 修
長崎 健
書名ヨミ アブツニ
シリーズ名 十六夜日記 22
転寝記 22
日本の作家 22
出版元 新典社
刊行年月 1996.2
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 4787970224
NCID BN13912869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96045811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想