処女句集と現在

「沖」俳句会 編

26俳人その誕生と醸成の軌跡。現代の俳句シーンを支える作家たちのデビュー作に着目しその熱く輝く志しと現在の豊かな実りを考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「の花」-波多野爽波『鋪道の花』
  • 毒強き酒をくむ人-上田五千石『田園』
  • 能村登四郎との対比において-飯島晴子『蕨手』
  • 風流頌歌-後藤比奈夫『初心』
  • 翳る日もあれば-鷹羽狩行『誕生』
  • 誠実の人-鈴木六林男『荒天』
  • さびしさの裏側に-岡本眸『朝』
  • アイデンティティを求めて-有馬朗人『母国』
  • 羽化の鬼房ならずや-佐藤鬼房『名もなき日夜』
  • 一詩人の翳り-草間時彦『中年』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 処女句集と現在
著作者等 沖俳句会
書名ヨミ ショジョ クシュウ ト ゲンザイ
出版元 邑書林
刊行年月 1995.9
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4897091497
NCID BA34590361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96045720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想