イヴ・モンタンぼくの時代  花開くまで

エルヴェ・アモン, パトリック・ロトマン 著 ; 土屋進 訳

ほらね、ぼくは忘れていないと、300時間かけて語ったよき仲間、愛した女性、その時代。トスカーナ地方での辛酸から、国際都市マルセイユへ。ヴィシー政権下、そこだけ陽のあたっている自由の街で、彼ははじめて歌う。パリが待っている。エディット・ビアフとの破れた恋。プレヴェールはじめ、よき仲間たち。そして、シモーヌ・シニョレ。すべての出会いを糧にして、イヴは上昇をつづける。モンタン(上昇する)の名前のとおりに。花開き、「歌うプロレタリア」と喝采されるさなかに、彼は脱皮をはかる。真の歌手に、もっと大きな存在へと。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 トスカーナの村
  • 2 マルセイユ
  • 3 イヴ・モンタン誕生
  • 4 スターへの階段
  • 5 パリ、ピアフとの出逢い
  • 6 映画界
  • 7 ジャック・プレヴェール
  • 8 シモーヌ・シニョレ
  • 9 恐怖の報酬、枯葉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イヴ・モンタンぼくの時代
著作者等 Hamon, Hervé
Rotman, Patrick
土屋 進
Hamon Herv'e
ロトマン パトリック
アモン エルヴェ
書名ヨミ イヴ モンタン ボク ノ ジダイ
書名別名 Tu vois,je n'ai pas oublié
巻冊次 花開くまで
出版元 文芸春秋
刊行年月 1995.12
ページ数 357p
大きさ 20cm
ISBN 4163510508
NCID BN14095554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96045605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想