闘争するフェミニズムへ

大越愛子 著

日本文化の性差別解体にむけてのフェミニズム批評実践。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本近代批判(フェミニズムからの「京都学派」批判
  • 日本資本主義とその文化イデオロギー
  • 日本的人権のアルケオロジー ほか)
  • 第2章 日本文化解体論(女性の穢れと聖化のメカニズム
  • フェミニズムからの浄土解体論
  • 仏教と性 ほか)
  • 第3章 現代フェミニズムへの挑戦(フェミニズムは問われている-「従軍慰安婦」問題と日本的性風土
  • 抹殺と忘却の罪-「従軍慰安婦」問題の真の解決を
  • 日本主義フェミニズムを超えて-フェミニズム人権論の可能性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 闘争するフェミニズムへ
著作者等 大越 愛子
書名ヨミ トウソウスル フェミニズム エ
出版元 未来社
刊行年月 1996.2
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 4624501152
NCID BN14146076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96045189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想