くらしと社会 : 日本のれきし

和歌森太郎 著

[目次]

  • もくじ
  • 大むかしの日本人=原始時代 / 6
  • たて穴ずまいのくらし
  • 祈りとまつりのくらし
  • 米をつくるために
  • 物もちとまずしい人
  • やまたい国のひみこ
  • ごうぞくと仏さま=大和時代 / 24
  • 墓つくりのしごと
  • 生産のすすみ
  • 神さまか仏さまか
  • 仏教とお寺
  • 役所につとめる人
  • 蘇我氏のわがまま
  • 聖徳太子
  • 都のくらし・田舍のくらし=奈良時代 / 39
  • 都のありさま
  • 貴族のようす
  • 都の人のあそび
  • 百しょうのくらし
  • 農村の行事
  • 寺に入る人たち
  • 市場とお金
  • 貴族と農民のくらし=平安時代 / 60
  • 仏教とお坊さん
  • 仏教にたよるくらし
  • 山ぶしとめいしん
  • 病気をなおすまじない
  • 都のようす
  • しんでんづくり
  • 貴族のくらし
  • 平安時代の食事
  • 貴族のあそび
  • 平安時代の年中行事
  • 誕生のいわい
  • 元服と算賀のいわい
  • かまくら武士=鎌倉時代 / 104
  • 武士とそのやしき
  • 武士の風俗とくらし
  • はってんする鎌倉の町
  • 鎌倉時代のたび
  • みだれた世の中=室町時代 / 116
  • にくまれたしちやと金もち
  • げこくじょう
  • 坊さんのくらし
  • 茶の湯と能楽
  • 室町時代の服装
  • 産業のおこり
  • お宮のまつり
  • 武士と農民の生活=安土桃山 / 138
  • りっぱな城
  • 秀吉と農民
  • 安土桃山時代の風俗
  • ヨーロッパのえいきょう
  • キリスト教と大名
  • 身分とくらしのちがい=江戸時代 / 152
  • らくでなかった農民
  • 行商人と旅芸人
  • 武士のくらし
  • 武家やしきと町家
  • 江戸の町火消し
  • 町人のたのしみ
  • 文明かいかの社会=明治時代 / 174
  • 洋服と兵隊
  • 農家とランプ
  • 文明の世のなか
  • 文明開化にはんたいする人たち
  • いばる役人と軍人
  • 神社をうやまう
  • 教育と儀式
  • 印刷じゅつのはったつ
  • 国民のくらしと戦争=大正昭和 / 196
  • 農村の不景気
  • 学校とスポーツ
  • ごらくと交通
  • 米そうどう
  • 女性の進出
  • きびしい国民生活
  • 戦時下のくらし
  • 參考ふろく(年表) / 221
  • 考えましょう / 230
  • さくいん / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 くらしと社会 : 日本のれきし
著作者等 和歌森 太郎
書名ヨミ クラシ ト シャカイ : ニホン ノ レキシ
シリーズ名 絵とき百科 ; 18
出版元 偕成社
刊行年月 昭和31
ページ数 231p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45014832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想