奇術師の家

魚住陽子 著

心と体に不安定な要素を残しながら、奇術師・鬼頭との思い出に満ちた家に、30年ぶりに戻った母。靄のかかった奇妙な生活の中で、次第にその輪郭が鮮明になってくる母の過去に絡めとられてゆく鮎子。第1回朝日新人文学賞受賞の表題作のほか、芥川賞候補となった「静かな家」など3編を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇術師の家
著作者等 魚住 陽子
書名ヨミ キジュツシ ノ イエ
書名別名 Kijutsushi no ie
シリーズ名 朝日文芸文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1996.3
ページ数 209p
大きさ 15cm
ISBN 4022641002
NCID BN1446340X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96044616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
奇術師の家 魚住 陽子
秋の棺 魚住 陽子
遠い庭 魚住 陽子
静かな家 魚住 陽子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想