どうして墓を建てるのか

西村峩山 著

選択的夫婦別姓が導入されようという時代に○○家之墓でよいのか。仏教、神道、民俗信仰、儒教の習合した日本の墓がもつ意味をわかり易く解説。これからのよいお墓の建て方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 つまらない墓を建てるな
  • 第2章 釈尊の「塔婆」に学ぶ
  • 第3章 仏教東漸・宗派別塔婆と形の変遷
  • 第4章 神道と儒教的な祖先崇拝
  • 第5章 凡人のための墓の宗教
  • 第6章 神、仏、儒を崇拝した近江商人の思想
  • 第7章 永遠の生命継承と家の相続
  • 第8章 これからのよい墓の建て方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どうして墓を建てるのか
著作者等 西村 峩山
書名ヨミ ドウシテ ハカ オ タテルノカ
出版元 勝縁ぶっく西村峩山プランニング
刊行年月 1996.3
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 4795229848
全国書誌番号
96044136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想