幻滅の時代の夜明け

佐藤健志 著

なぜ、『まあだだよ』は救いようのない支離滅裂な映画となり、『紅の豚』は中年オタク賛美のアニメと堕し、『エイズは笑う』は最低の啓蒙漫画となってしまったのか…。話題の作品の徹底した分析を通し、近代思想に今も呪縛されている日本の文化的破綻をスリリングに解明する。29歳の著者による過激な「20世紀の死亡証明」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • そしてゴジラはエイズになった
  • 啓蒙漫画『エイズは笑う』を嗤う
  • 戦後民主主義を定義する
  • 空を飛んでもブタはブタ
  • 黒沢明の子供じみた夢
  • 恋愛不能世代の「純愛ごっこ」
  • 恐竜は「女」である
  • 『フィラデルフィア』は欺瞞だらけ
  • エイズ報道のきれいごと
  • 死の自由・自由の死〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻滅の時代の夜明け
著作者等 佐藤 健志
書名ヨミ ゲンメツ ノ ジダイ ノ ヨアケ
出版元 新潮社
刊行年月 1996.2
ページ数 265p
大きさ 20cm
ISBN 4103767022
NCID BN14310260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96043344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想