大脳皮質運動領野

板倉徹, 前田敏博 編著

大脳皮質運動領野の基礎から臨床までを著名な先生方が記した『神経科学の基礎と臨床シリーズ』第3弾。若手神経科学研究者、神経内科医、神経科医、脳神経外科医必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 前帯状回の運動機能にかかわる神経回路
  • 2 大脳運動関連領野の機能
  • 3 頭皮上電位及びPETを用いた大脳運動関連領域の検討
  • 4 磁気共鳴法による脳機能画像
  • 5 大脳皮質の局所的磁気刺激
  • 6 大脳磁気刺激法を用いた運動ニューロン機構の研究-筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態解明をめざして
  • 7 中枢性疼痛における知覚領野ならびに運動領野の機能-脳刺激療法の経験から
  • 8 運動領野病変の症候学
  • 9 運動領野病変の外科手術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大脳皮質運動領野
著作者等 前田 敏博
板倉 徹
書名ヨミ ダイノウ ヒシツ ウンドウ リョウヤ
シリーズ名 神経科学の基礎と臨床 3
出版元 ブレーン
刊行年月 1995.10
版表示 第2刷
ページ数 113p
大きさ 27cm
ISBN 4892421359
NCID BA65326153
BN13757176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96043070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想