表象空間の近代 : 明治「日本」のメディア編制

李孝徳 著

名所旧跡を画かない「風景」画、言文一致体の文章…近代的感覚の革命はなぜ起こったのか。交通・写真・博覧会などの新しいメディアから国民国家「日本」の誕生におよぶ緻密な「表象」分析によって、その動的な過程を明治の時空に浮び上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 境界と切断
  • 第2章 アノニマスな風景の出現
  • 第3章 風景への視線-「風景画」の誕生
  • 第4章 言葉と風景-遠近法と言文一致
  • 第5章 「声」の変容-情報メディアと速記術
  • 第6章 視覚革命-複製技術の変容
  • 第7章 教育の変容-「知」の空間の均質化
  • 第8章 交通空間の変容-世界のパノラマ化
  • 第9章 権域の空間-近代国家「日本」の境界
  • 第10章 「国民」の輪郭-均質性と境界
  • 終章 表象空間と近代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 表象空間の近代 : 明治「日本」のメディア編制
著作者等 李 孝徳
書名ヨミ ヒョウショウ クウカン ノ キンダイ
書名別名 Hyosho kukan no kindai
出版元 新曜社
刊行年月 1996.2
ページ数 342p
大きさ 20cm
ISBN 4788505460
NCID BN14010380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96042981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想