十二位一体の聖使徒

セリギイ 著 ; 瀬沼恪三郎 訳

[目次]

  • 目次
  • 序言 / p1
  • 飜譯者より / p18
  • 前篇 四福音書に據る『十二徒』-Οι Δώδεκα
  • 第一章 十二使徒中の一人が其間に首位を占むる事はハリストスの原則的に拒否せし所なり / p1
  • 第二章 使徒名簿中何故にペトルは首席に置かるゝや / p15
  • 第三章 使徒ペトルの行動し又は發言せし總ての場合の檢討 / p54
  • 第四章 使徒ペトルの信仰吿白 / p100
  • 第五章 ルカ福音書第二二章第三一節乃至第三四節の護敎的解釋 / p168
  • 第六章 使徒ペトルの懺悔と彼の使徒職の恢復 / p191
  • 第七章 聖ペトルは使徒等の首領(指導者)なりしや / p262
  • 第八章 十二徒(Οι Δώδεκα-Duodecim)とイイスス / p296
  • 後篇 使徒行實、公書、聖使徒パウェルの書札、及び默示錄に據る『十二徒』-Οι Δώδεκα
  • 第一章 聖使徒ペトル / p327
  • 第二章 十二徒-Οι Δώδεκα / p362
  • 第三章 權能の所有者たる敎會 / p388
  • 第四章 イエルサリムに於ける使徒公會 / p419
  • 第五章 ペトル、十二徒、及び他の人々 / p445
  • 第六章 敎會はハリストスに於ける體なり(ロマ書)。敎會はハリストスの體なり(コリンフ書)。ハリストスは敎會の首なり(エフェス書)。ハリストスは敎會の體の首なり(コロサイ書)。(聖使徒パウェルの書札に據る) / p489
  • 第七章 敎會の基礎(使徒の書札に據る) / p526
  • 第八章 聖ペトルは法王に非ず。總ての使徒は敎會の爲には『役事者』(διáκονοι)、相互の關係に於ては『同勞者』(σννεργοι)なり(聖パウェルの書札に據る) / p555
  • 第九章 イアコフ、キファ、イオアン、パウェル及びワルナワ / p582
  • 第一〇章 其書札に據りて觀たる聖使徒ペトル / p612
  • 補遺
  • 一、 ハリストス降誕の年と西曆紀元の年數との關係に就いての考證 / p625
  • 二、 十二使徒の名簿に就いて / p630
  • 三、 本書中新舊約聖書地名人名對照表 / p631

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 十二位一体の聖使徒
著作者等 Sergie
瀬沼 恪三郎
セリギイ
書名ヨミ 12イ 1タイ ノ セイシト
出版元 松崎書店
刊行年月 昭和16
ページ数 641p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47036183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想