ケニアのくらし : 日本の子どもたちがみた、動物の王国と近代都市をもつ国

渡辺一夫 文・写真

[目次]

  • サバンナにある動物王国ケニア
  • 乾燥した高原気候と年二回の雨季
  • 東アフリカの政治、経済、文化の中心
  • ケニアでのくらしと日本人学校
  • 国の経済をささえる観光収入
  • 野生動物の保護と農作物の被害
  • 露天市場でまかなえる日用品
  • 電気、ガス、水道のない家が多い
  • 食べ物は自分たちでつくる
  • まきで豆をにたりパンを焼く
  • 古い歴史をもつケニアの鉄道〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケニアのくらし : 日本の子どもたちがみた、動物の王国と近代都市をもつ国
著作者等 渡辺 一夫
書名ヨミ ケニア ノ クラシ
書名別名 Kenia no kurashi
シリーズ名 世界各地のくらし 18
出版元 ポプラ社
刊行年月 1996.4
ページ数 47p
大きさ 27cm
ISBN 4591050076
NCID BA31939388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96041065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想