生活にいきる信仰

河合一 著

真の仏教とは、どのようなものか。そして、その本当の仏教の教えを受け継いでいるものは、どこにあるのか。筆者は、日蓮大聖人の「御書」、創価学会の歴代会長の指導を根本に、多くの人々との対話を重ねる中から生まれた実践的な信仰論を通して、それらの答えが、日蓮大聖人の仏法と創価学会の実践の中にあることを明確にさし示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生活の根本としての信心(人生にはなぜ信仰が必要なのか
  • 各人の幸福と世界平和のための信仰
  • 信心を貫くための三原則)
  • 2 生活の中の信心のあり方(祈ることがすべての根本
  • 信心と絶えざる「惰性」との戦い
  • 愚痴と文句で功徳を消すな
  • 変毒為薬してピンチをチャンスへ
  • 「法華経の兵法」で常勝の人生を
  • 難を乗り越える信心のあり方
  • 悩める友を救うために
  • 病魔を打ち破り健康で生き抜け)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生活にいきる信仰
著作者等 河合 一
書名ヨミ セイカツ ニ イキル シンコウ
書名別名 Seikatsu ni ikiru shinko
出版元 第三文明社
刊行年月 1996.2
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4476061052
NCID BA3103280X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96040086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想