人間は生まれたから死ぬ : 泰道和尚が説く"大往生論"

松原泰道 著

[目次]

  • 1 すべての死が大往生-いい死に方とは、どういう死に方か(死ぬとはどういうことか
  • 人はなぜ死ぬのか
  • 人は死ぬために生きているのか ほか)
  • 2 一日一生で生きる-いい死に方をするために、いかに生きるか(どう生きたら、いい死に方ができるのか
  • つねに死を意識して生きていくべきか
  • 運命によって死は左右されるか ほか)
  • 3 自業自得で安らかな死を迎える-いい死に方をするために、いかに死を迎えるか(人のためになる死に方はあるか
  • どうすれば死を恐れずにすむか
  • 死んでも生まれ変われるか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間は生まれたから死ぬ : 泰道和尚が説く"大往生論"
著作者等 松原 泰道
書名ヨミ ニンゲン ワ ウマレタカラ シヌ
書名別名 Ningen wa umaretakara shinu
出版元 ごま書房
刊行年月 1996.1
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4341170821
NCID BN14423551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96040083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想