虚空蔵菩薩信仰の研究 : 日本的仏教受容と仏教民俗学

佐野賢治 著

広大無辺の功徳を包蔵するという、虚空蔵菩薩。その信仰は、修験・寺僧らの仲介により鰻食物禁忌や十三参り・十三仏信仰などの日本的「仏教民俗」を醸成した。仏教が日本化する道筋をたどり、仏教民俗学の新地を切り拓く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 虚空蔵信仰の歴史的展開(教理体系としての虚空蔵信仰
  • 秦氏と虚空蔵信仰-宇佐八幡・虚空蔵寺をめぐって
  • 古代仏教の密教的性格と虚空蔵信仰-修験道成立前史
  • 中世修験の動態と虚空蔵信仰-岐阜県高賀山信仰を中心として
  • 十三塚と十三仏-密教的浄土観の成立
  • 修験の土着化と虚空蔵信仰-羽前置賜地方「高い山」行事の周辺)
  • 第2部 虚空蔵菩薩と民俗信仰(寺院信仰としての虚空蔵信仰
  • 鰻と虚空蔵信仰-除災信仰(1)
  • 星と虚空蔵信仰-除災信仰(2)
  • 殖産技術伝承と虚空蔵信仰-福徳信仰(1)
  • 虚空蔵信仰の作神的展開-福徳信仰(2) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虚空蔵菩薩信仰の研究 : 日本的仏教受容と仏教民俗学
著作者等 佐野 賢治
書名ヨミ コクウゾウ ボサツ シンコウ ノ ケンキュウ
書名別名 Kokuzo bosatsu shinko no kenkyu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1996.2
ページ数 555, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4642075380
NCID BN13854478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96040079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想