マルクスの哲学

エティエンヌ・バリバール [著] ; 杉山吉弘 訳

「マルクス主義」、イデオロギー、物神性、歴史性等々の概念に関して哲学的議論を展開、「マルクスの諸哲学」の再考を促す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マルクス主義哲学か、それともマルクスの哲学か
  • 第2章 世界を変えること-実践から生産へ
  • 第3章 イデオロギーあるいは物神性-権力と服従
  • 第4章 時間と進歩-なおも歴史哲学なのか
  • 第5章 科学と革命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクスの哲学
著作者等 Balibar, Etienne
杉山 吉弘
Balibar 'Etienne
バリバール エティエンヌ
書名ヨミ マルクス ノ テツガク
書名別名 La philosophie de Marx
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 503
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.12
ページ数 188, 23p
大きさ 20cm
ISBN 4588005030
NCID BN13640033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96040039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想