現代認識とヘーゲル=マルクス

有井行夫, 長島隆 編

哲学における「解釈学」の超克・理論復権の試み。ヘーゲルとマルクスの同一性論の再検討にもとづいてマルクスの存在主義を再発見し、その現代的意義を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヘーゲルの思惟とマルクスの労働
  • 第2章 「マルクス主義」の認識主義的展開
  • 第3章 マルクスにおける人格の陶冶論
  • 第4章 デカルトの存在主義からヘーゲルへ
  • 第5章 意識経験学と存在学
  • 第6章 ヘーゲルの人格性の陶冶論
  • 第7章 20世紀認識主義と知の基礎づけの限界
  • 第8章 J.S.ミルと認識主義の限界経験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代認識とヘーゲル=マルクス
著作者等 有井 行夫
長島 隆
書名ヨミ ゲンダイ ニンシキ ト ヘーゲル マルクス
書名別名 認識主義の没落と存在主義の復興
出版元 青木書店
刊行年月 1995.12
ページ数 309p
大きさ 22cm
ISBN 4250950468
NCID BN13705376
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96040034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想