竜臥亭事件  下

島田荘司 著

石岡は岡山の村での大量連続殺人事件をノルウェーにいる御手洗に書き送り指示を仰いだが、彼からは「リユウコワセ」という意味不明の電報が来ただけだった。犠牲者はさらに増え、合同葬を行なう会場から遺体が盗まれ、バラバラにされて発見されたり、山奥の霧に包まれた村は地獄絵の様相に…。村人たちは村の業とか因縁とか言うが、この村にいったい何があったのか。言い知れぬ恐怖が支配する深夜、伝説の男・都井睦夫の亡霊が現われた…。都井睦夫による三十人殺しとは。平成の現代に甦る昭和史の残忍な悪意とは。御手洗潔の友人・石岡和己が解き明かす五十数年に及ぶ壮大な謎とトリック。驚愕の結末。ファン待望の傑作巨編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竜臥亭事件
著作者等 島田 荘司
書名ヨミ リュウガテイ ジケン
書名別名 Ryugatei jiken
シリーズ名 カッパ・ノベルス
巻冊次
出版元 光文社
刊行年月 1996.1
ページ数 463p
大きさ 18cm
ISBN 4334071759
NCID BN14421159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想