竜臥亭事件  上

島田荘司 著

御手洗潔が日本を去って一年半、横浜馬車道に住む御手洗の友人で推理作家の石岡のもとに、二宮佳世という若い女性が訪れ、「悪霊祓いに岡山県の山奥に一緒に行ってほしい」と言う。なんとその理由は、大きな樹の根もとに埋められた人間の手首を掘り出すためだった…。三月末、石岡と佳世は、霊の導くままに、姫新線の寂しい駅に降り、山中に分け入り、龍臥亭という奇怪な旅館にたどり着いた。これが、身の毛もよだつ、おぞましい、不可解な大量連続殺人事件に遭遇する幕開きだった。推理界の鬼才が、構想を練りに練り一年、満を持して放つ、二千枚を超す、渾身の書下ろし傑作超大作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竜臥亭事件
著作者等 島田 荘司
書名ヨミ リュウガテイ ジケン
シリーズ名 カッパ・ノベルス
巻冊次
出版元 光文社
刊行年月 1996.1
ページ数 446p
大きさ 18cm
ISBN 4334071740
NCID BN14421159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想