土佐わらべ唄殺人事件

木谷恭介 [著]

丘の上にポツンと建つ廃校。音楽室を血の海にして、竹脇知奈津の母親は倒れていた。胸を一突きにされ、凶器は持ち去られていた。知奈津は、まるで事件を暗示するかのような尋ね人広告を目にしていたこともあり、背後に不気味なものを感じていた。友人の小清水峡子を通じて、知奈津は宮之原警部に助力を求めた。その結果、遍路姿の不審人物が浮かびあがり、さらに彼女の思ってもみなかった事実が明らかになる。それは土佐に伝わるわらべ唄にも似た、もの哀しい過去へのレクイエムであった…。書下し傑作旅情ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土佐わらべ唄殺人事件
著作者等 木谷 恭介
書名ヨミ トサ ワラベウタ サツジン ジケン
書名別名 Tosa warabeuta satsujin jiken
シリーズ名 Tokuma novels
出版元 徳間書店
刊行年月 1996.1
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4198502900
全国書誌番号
96039670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想