誰が竜馬を殺したか : 幕末秘史

三好徹 著

慶応三年(一八六七)十一月十五日、京都・河原町の近江屋で、坂本竜馬は暗殺された。ほとんど即死だった。てだれの襲撃者は新選組の原田左之助だとか、見廻組の佐々木唯三郎だとか、自分がやったと自白した今井信郎だとか諸説紛々だったが、近年ようやく定説が固まった。しかし、陰で糸を引いて自分の目的を遂げた黒幕の名は、今も沓として知れない。著者は、新史料を駆使して真相に肉薄、ついに真犯人を断定した。読者を震撼させるその男の意外な名は。竜馬暗殺伝説は、ここに終止符を打った。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰が竜馬を殺したか : 幕末秘史
著作者等 三好 徹
書名ヨミ ダレ ガ リョウマ オ コロシタカ
書名別名 Dare ga ryoma o koroshitaka
シリーズ名 カッパ・ノベルス
出版元 光文社
刊行年月 1996.1
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4334071724
NCID BA45243905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想