異国の窓から

宮本輝 著

ドナウ河の源流から河口までの旅をふりかえって著者は述懐する-「この旅が私の人生の中の喜びと悲しみをつくった。この旅から喜びと悲しみの種を持ち帰った」。そして小説『ドナウの旅人』が著わされた。これはその旅で見た小説の原風景、解放前の東ヨーロッパの人々の暮しと愛のいとなみを綴る初の紀行文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドナウ河に沿って
  • 成都-中国
  • ローマ-イタリー
  • ドナウの旅ふたたび-三通の手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異国の窓から
著作者等 宮本 輝
書名ヨミ イコク ノ マド カラ
書名別名 Ikoku no mado kara
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1996.2
ページ数 266p
大きさ 16cm
ISBN 4167348128
NCID BN14724988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想