花と竜  上

火野葦平 著

女は広島の山間から、男は四国の松山から、時を同じくして裸一貫の旅に出た。日露戦争を目前に探え近代日本は興隆の頂点をめざしていた。門司港の石炭荷役に携っていた二人の若者は、運命の糸に操られるように殺伐たる九州の港を流れるなかで結ばれ、転変の人生をともに歩みはじめる。玉井金五郎の侠気とマンの心意気、その底に通いあう細やかな愛情。著者天性の雄渾なロマンみなぎる名作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花と竜
著作者等 火野 葦平
書名ヨミ ハナ ト リュウ
シリーズ名 大衆文学館
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1996.1
ページ数 445p
大きさ 16cm
ISBN 4062620308
NCID BA40261488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想