虚線の山

梓林太郎 著

下山予定が過ぎても帰らぬ夫を待つ妻に聞き覚えのない女性から電話が入った。彼女は衝撃的なことを告げた。御主人が私の家で亡くなったというのである。愛人のいたことを知らされた妻は、夫の身に何が起ったのか不審を抱いた。夫の愛人とは、どんな女なのか。それに夫を死に至らしめた山行とは、どんなものだったのか-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虚線の山
著作者等 梓 林太郎
書名ヨミ キョセン ノ ヤマ
書名別名 Kyosen no yama
シリーズ名 桃園新書
出版元 桃園書房
刊行年月 1996.2
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 480780300X
全国書誌番号
96039649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想